MSSセミナー@京都 #07

日時

  • 2008年06月 25日(水)16:00〜18:00

場所

講師: 御手洗菜美子 (九州大学)

題目:

粉体のレオロジーの運動論を用いた解析

概要

比較的低密度な粉体流では、運動論に基づいた構成方程式が定量 的に数値実験を再現することが知られている。一方で、粉体流の かなり広い範囲で、せん断応力が速度勾配の二乗に比例する、という バグノルド則が成りたつ。講演の前半では、バグノルド則と運動論の関係を 議論し、後半では高密度領域でみられる運動論と数値実験との定量的な 不一致について議論する。